まつ毛美容液で色素沈着?副作用の原因は成分にあった!

まつ毛美容液はまつエクとは違い、自まつ毛を育てる事ができる、人気のまつ毛ケア商品です。

しかしまつ毛美容液の口コミを見ていると

「色素沈着する」

といったような副作用を訴える声が見られます。

これから購入しようと思っているまつ毛美容液色素沈着を引き起こすものだったら嫌ですよね?

色素沈着を引き起こす可能性のあるまつ毛美容液の見極め方は簡単で、成分に注目するだけでOKです。

 

まつ毛美容液で色素沈着が起こる成分|ビマトプロスト

まつ毛美容液の効果として

  • まつ毛を伸ばす
  • まつ毛にハリやコシを与える
  • まつ毛の育毛

といった効果があるかと思います。

そのうちの1つである「まつ毛を伸ばす」効果の為に使用される成分がビマトプロストです。

ビマトプロストは緑内障の治療として眼圧を下げる為に使用される成分で、点眼薬に含まれています。

ビマトプロストの副作用に、まつ毛が伸びたり太くなるといったことがあることから、副作用を利用したまつ毛美容液が多く販売されました。

しかし、ビマトプロストにはまつ毛が伸びて太くなるといった副作用の他に、色素沈着が起きるといった副作用もあるのです。

 

ビマトプロストが色素沈着を起こす仕組み

ではなぜビマトプロストは色素沈着を引き起こしてしまうのでしょうか?

答えは簡単で、ビマトプロストはメラニン色素を増やす働きがあるからです。

ターンオーバーでは排出出来ないほどのメラニン色素が出来てしまうと、皮膚にシミや黒ずみ、くすみやクマといった色素沈着として跡が残ります。

 

その他ビマトプロストには以下のような副作用があると言われています。

  • 目の充血
  • 目の赤み
  • まぶたがくぼむ

ビマトプロストは医薬品であるため、まつ毛の育毛効果には期待が出来ますが、そのような副作用のリスクがあることを理解して選ばなければいけません。

 

安全なまつ毛美容液とは?

ここでは安全なまつ毛美容液の見つけ方、選び方について以下のポイントに気を付けて選びましょう。

  • 海外製の個人輸入は危険
  • 無添加成分を多く配合していること
  • 刺激性試験にクリアしていること

まず初めに、海外製のまつ毛美容液の個人輸入は危険です。先程紹介したビマトプロストは医薬品である為、日本で手に入れるには処方箋が必要です。しかし海外からの輸入では簡単に手に入れる事ができてしまいます。Amazonなどでも「並行輸入品」などといった記載がされている商品は確実に輸入品です。

海外製のまつ毛美容液が全て危険という訳ではありませんが、日本製のまつ毛美容液に比べると安全度や信頼度は低いかと思います。

日本製の商品ではビマトプロストが含まれたまつ毛美容液は現在販売されていません。

次に無添加成分を多く配合していることが重要です。防腐剤・香料・アルコールなどの添加物はアレルギーや副作用を引き起こす可能性があります。まぶたは他の皮膚にくらべて薄く刺激に弱い特徴がありますので、無添加成分を極力使用していないまつ毛美容液を選んでみてください。

また、まつ毛美容液によっては刺激性試験をクリアしている記述がされているものもありますので選ぶ際の参考の1つにしてみてください。

 

まとめ

まつ毛美容液には「ビマトプロスト」という副作用を引き起こす可能性のある成分が配合されているものがあります。

しかし、ビマトプロストが含まれていない、まつ毛美容液でも防腐剤や香料などの添加物によりアレルギーを引き起こす可能性はあります。

初めて使用する際は面倒ですがパッチテストを行ってから使用するのをおすすめします。