【副作用】まつ毛美容液で色素沈着したらどうする?

まつ毛美容液は薬局やドラッグストアでも多くの種類が販売されており、まつ毛ケアの中でも比較的簡単に初められるものでもあります。

簡単なのにまつ毛の育毛効果には大きく期待が出来る人気のアイテムです。

そんなまつ毛美容液には1つデメリットがありまして、副作用として色素沈着してしまうということです。

色素沈着してしまう原因にはビマトプロストという成分が関係しており、ビマトプロストが含まれたまつ毛美容液を使用してまうと色素沈着が引き起こされる可能性があります。

しかし、そんな事を知らないで使ってしまい、色素沈着してしまった場合、どうすればいいでしょうか?

 

まずは使用を中止

まずは直ちにまつ毛美容液の使用を中止してください。

長く使用することで改善させるといった事は、色素沈着には一切ありませんので、直ぐに使用を中止してください。

  • まだ残っているし勿体無い…
  • 最後まで使ってまつ毛に栄養を与えてからやめる

といったことは思わないでください。

色素沈着というのは目や肌に負担がかかっている証拠です。色素沈着というのは悪化していきますので、使い続けると現在の色素沈着よりも濃くなる可能性があります。

また症状が収まったからといって自己判断で使用を再開するのはやめましょう。

必ず医師の診療を受けるようにするか、他のまつ毛美容液をお使いください。

ルミガンなどのビマトプロストが配合されたまつ毛美容液を使い、色素沈着した方も、使用をやめたら改善したといった口コミがありますので、症状が軽度なうちに使用をやめてくださいね。

 

色素沈着を改善する方法

できてしまった色素沈着は放置しただけでは改善は出来ません。(軽度な場合は改善出来る場合もあります)

まず出来る方法としましてはターンオーバーを促しましょう

目元に色素沈着・黒ずみ・シミが出来てしまっているということはメラニン色素の排出がうまく行っていない証拠です。でるので、シミや黒ずみを改善させるのはターンオーバーを促進させる必要があります。

※ターンオーバーとは皮膚細胞の生まれ変わりで新しい皮膚が作られることでもあります。

目元の皮膚は薄いため

  • ピーリング
  • ゴマージュ

といった方法は皮膚に負担になり逆に黒ずみを引き起こす恐れがありますのでやめましょう。

ターンオーバーを促進させるのは睡眠時間を各をしたり、成長ホルモンが分泌される22時~2時の間は睡眠を取るようにしてください。

また、保湿をすることでもターンオーバーを促進させることが出来ます。

アイテムを使用した改善方法としましては、ニキビ跡用の美白美容液などを使用するのもオススメです!