ルミガンに含まれる「ビマトプロスト」ってどんな効果があるの?

まつ毛美容液はまつ毛にハリ、コシ、太さを与える効果が期待できるものですが、現在、薬局やドラッグストア、ネット通販では多くのまつ毛美容液が販売されています。

まつ毛美容液の選び方は色々あるのですが育毛成分で選ぶ方法があります。

まつ毛美容液に含まれる育毛成分の1つとしてビマトプロストという成分があります。

ビマトプロストのまつ毛への効果は高く、ビマトプロストを配合したルミガンという商品が口コミでも人気となっています。

しかし、効果にはリスクが付き物。

ルミガン(ビマトプロスト)の効果と副作用についても紹介していきます。

 

ルミガン(ビマトプロスト)の効果とは?

ルミガンは元々は緑内障の治療として作られた薬で眼圧を下げる働きがあります。

ビマトプロストで効果が出る仕組みとしては、ビマトプロストの元あるを下げる働きの副作用としてまつ毛が伸びるという事があり、その働きを利用してまつ毛美容液として販売されています。

ルミガンに含まれる育毛効果に期待ができるビマトプロストは医薬品であり、医者の診断書がなければ購入することはできません。

ルミガンの効果は高く、使用を開始してから16週間で80%以上の人が満足しているそうです。

ルミガンでは以下の効果が期待できます。

  • まつ毛の長さアップ
  • まつ毛のボリュームアップ
  • まつ毛の色の濃さアップ
  • 自然なカール

 

ルミガン(ビマトプロスト)のデメリット

ルミガンに含まれるビマトプロストは、まつ毛を伸ばす良い副作用もありますが、悪い副作用もあります。

それが色素沈着です。

ビマトプロストはメラニン色素の生成を活性化する働きもあるため、使用していると色素沈着をしてしまうというデメリットがあります。

メラニン色素生成の影響でまつ毛を黒くすることが出来るとも言われていますが、まぶたの色素沈着で悩まされている人は多いので注意しておきたいところです。

  • ビマトプロストの良い副作用:まつ毛の育毛
  • ビマトプロストの悪い副作用:色素沈着

 

また、色素沈着以外にもルミガン(ビマトプロスト)の副作用はあります。

  • 目の痒み
  • 眼圧低下
  • ドライアイ

 

目の痒み

ルミガンはまつ毛の生え際に塗るため、塗った後に皮膚が痒くなるといった症状が出ることがあります。そしてまぶたをかいてしまうと、ルミガンが目の中に入ってしまい危険です。まぶたに広がると色素沈着にもなります。

眼圧低下

ルミガンは元々は眼圧低下のための薬ですので、前に入るとが眼圧が低下してしまう恐れがります。眼圧が低下すると目のピントが合わなるなどのトラブルが起きてしまいます。

ドライアイ

ルミガンが目に入ると、目が乾燥してドライアイになる人もいるようです。

 


ルミガンは元々はまつ毛美容液として作られたものではありませんので副作用が出てくるのは当然と言えるでしょう。

医薬品は効果は高いのですが、必ず副作用のリスクはつきものです。化粧品は副作用の心配は無いようにする決まりがりますので安全性は高いのですが、効果は緩やかになります。

双方のメリット・デメリットを理解した上で自分にあった方を選ぶ必要があります。